• COMPASSプロジェクト
  • MENU
  • COMPASSプロジェクト TOP

    記事・講演
  • WHAT'S NEW
  • 論文・学会発表
  • 3☆ファーマシスト
  • 3☆ファーマシスト認定薬剤師
  • お問い合わせ

COMPASSプロジェクト What's new

第55回日本糖尿病学会にてCOMPASSプロジェクト結果報告
「保険薬局における糖尿病患者への動機づけ面接の効果」
2011年3月より、全国18都道府県48薬局で実施している、保険薬局での2型糖尿病患者支援研究:COMPASSプロジェクトについて、2012年5月に横浜で開かれた第55回日本糖尿病学会年次学術集会で発表しました。この研究はクラスターランダム化比較試験という研究デザインで、患者さんに資料を渡したり、全体で3分程度の簡単なアドバイスを行う薬局(支援群)とHbA1cを来局時に確認するだけの薬局(通常ケア群)で半年間でどのくらいHbA1cに違いが出るのかを比べる研究です。
アドバイスを行う薬局の薬剤師は、予め6時間程度「動機づけ面接」という、行動理論に基づいた手法について簡単な研修を受けてもらいました。この研修は、現在行っている5☆ファーマシスト研修の原型になったものです。
この研究は、現在も進行中ですが、開始後3カ月後の結果では通常ケア群に比べて支援群薬局は有意にHbA1cが改善していました。
全国でこのような手法で糖尿病患者さんを支援できたなら、現在十分な指導を受けることができない患者さんに貢献できると考えています。
PAGE TOP
HOME >> COMPASSプロジェクト >> WHAT'S NEW >> 第55回日本糖尿病学会にてCOMPASSプロジェクト結果報告