• COMPASSプロジェクト
  • MENU
  • COMPASSプロジェクト TOP

  • WHAT'S NEW
  • Patient Centered Careアプローチ研修
  • Patient Centered Careアプローチ研修 研修日程 申込
  • RxING Registry-Japan研究とは
  • お問い合わせ
  • What is COMPASS project?
  • A collaborative research project for pharmacy practice in five countries

COMPASSプロジェクト TOP

  • 薬局での糖尿病や高血圧などの患者に対する薬局薬剤師による介入研究で、その研究
  • の英語名”The Community Pharmacists Assist for patients Intervention Study in
  • Japan“からCOMPASSと名付けられた。Compassには、元々正しい進路を指し示す方
  • 位磁針という意味があり、この研究プロジェクトには「薬剤師が進む方向を指し示
  • す」という願いも込められている。COMPASS研究は、2011年に糖尿病患者を対象と
  • して全国の90薬局で実施された。その後、高血圧患者への介入研究COMPASS-BPと
  • 自己血糖測定器をつかった介入研究COMPASS-SMBGが実施されている。
  • COMPASS研究では、薬剤師が糖尿病患者に積極的に関わる介入群と、HbA1c値を確
  • 認するだけの対照群で、登録患者の血糖値変化等を調査するという、本邦初となる薬
  • 剤師によるランダム化比較試験となった。この研究において、参加薬剤師は「動機づ
  • け面接」や「情報提供用資料の使い方」を事前に学んでもらい、1回3分程度の短時間
  • ではあるが、糖尿病患者に対し情報提供や言葉かけを実施した。その結果、対照群と
  • 比較して薬剤師が積極的に関わることで、HbA1c0.4%改善するという結果が得られ
  • ている。岡田らは、これまでの解析結果を2012年に日本糖尿病学会、および国際学
  • 会(International Pharmaceutical Federation: FIP2012 アムステルダム)で発表し、
  • FIPではBest Poster Awardを受賞した。
  • 同様にCOMPASS-BP研究でも、薬剤師による3分程度の情報提供であっても、介入群
  • は対照群と比較して収縮期血圧で7㎜Hg改善することを報告した。この研究成果はカ
  • ナダ高血圧学会(Hypertension Canada 2017)で発表され、2017年のTrainee
  • Poster Awardを受賞している。
京都大学SPH健康情報学分野 特定講師、京都医療センター臨床研究
センター予防医学研究室研究員。
京都大学SPH産学共同研究プロジェクトでは、薬局薬剤師
によるPatient Centered Care、エンパワーメントに関
する薬剤師への教育プログラムの開発や、薬局薬剤師
の職能について研究を行っている。また、カナダ・ア
ルバータ大学、オーストラリア・シドニー大学とは、
薬剤師の職能についての国際共同研究も実施してい
る。
研究活動以外でも、薬剤師や糖尿病療養指導士を対象とした講演会やワークショップを全国各地で実施したり、糖尿病や薬学関連誌への執筆を行うなど、幅広く活動している。
PAGE TOP
HOME >> COMPASSプロジェクト